宇宙ちゃんねる 公式サイト

現役ロケット開発者が宇宙開発や宇宙に関することを紹介していくサイトです。

望遠鏡の性能(旧)

天体望遠鏡は口径で光をあつめる”集光力”がかわってくる!

天体望遠鏡は口径(対物レンズや反射鏡の大きさ)が大きいほど対物レンズや反射鏡でたくさんの

光りを集めることができます。人間の瞳は最大7mmまで開きますが、この7mmに比べて

天体望遠鏡が何倍の光をあつめれるかを”集光力”といいます。

たとえば、口径:100mmの天体望遠鏡ですと集光力は204倍となります。

集光力の計算はおおよそ 口径(mm)の2乗÷7mmの2乗=集光力となります。

 

 

 

 

 

 

 

天体望遠鏡でどこまで暗い星がみえるかをあらわす”限界等級”

星の明るさ:等級は1つ等級ちがうと2.5倍の明るさが増えます。例えば1等星は4等星の約16倍の明るさとなります。

天体望遠鏡は肉眼より光をあつめてより暗い星までみえるわけですが、この天体望遠鏡をつかって見ることができる

暗い星の限界を”限界等級”といいます。

例えば、町の明かりがない暗い場所で目の良い人ですと、6等星がなんとか肉眼でみえます。この時、集光力が100倍の

口径:70mmの天体望遠鏡をのぞいた場合、6等級の1/100の明るさの11等級がなんとか見えます。

天体望遠鏡でどれだけ細かくみることができるかをあらわす”分解能”

天体望遠鏡は倍率をあげていくと、天体の細かい部分までみることができます。ただし、ある倍率まであげると

像は大きくできるものの、細かい部分はそれ以上みることができず、視野が暗くなってきます。

天体望遠鏡で細かい部分を見分けられる能力の限界は”分解能”といいます。

分解能の値は二重星がどのくらい接近したものまでみわけられるか、この2つの星の間隔の角度 秒:″で表します。

1″ は 角度 1°の1/3600の角度です。集光力同様、口径が大きいものほど、分解能は上がってきます。

分解能は1.16″÷対物レンズ(主眼有効径)=分解能で求められます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

望遠鏡での見えかた

望遠鏡でみる惑星や星雲はこんな感じで見えると思っていますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地球との距離が近い”月”は確かにこのぐらいで自分の目でみることができますが、土星や木星などの惑星、星雲は

望遠鏡から自分の目で観るとこんな感じです。

 

 

 

 

 

そうです。望遠鏡でみるととっても小さなものだったり、ぼやっと見える感じなのです。写真で見る惑星や星雲は

高感度のカメラで惑星や星雲が放つ光を少し時間をかけて集めて鮮明な画像にしているのです。なので、自分の目でこの瞬間でみる

ものはこのぐらいなんです。

でも、何十万キロ、何光年も離れた惑星や星雲をこの地球から、自分の目でみること。この瞬間は自分の身の回りで起きているいろんなことを

はるかに超越して、地球の周りにある何十億という星たちに目を向けている”そんな体験をしている貴重な時間なのだと思います。