宇宙ちゃんねる 公式サイト

現役ロケット開発者が宇宙開発や宇宙に関することを紹介していくサイトです。

連載


宇宙業界への就職マニュアル

現役ロケット開発者の宇宙チャンネルが働いてきて、宇宙業界で間違いなく役に立つ知識を経験をもとに

記載しています。”宇宙業界へ就職したい”と思っている方には役に立つと思いますので、読んでみてください。

 


 ロケットの作り方

実際のロケット作りにかかわっている宇宙チャンネルが苦労話を交え、リアルに”ロケットの作り方”を解説しています。

 

 

宇宙飛行士になるには

 その1 地球や近くに起こることを”なぜ?”と感じてしらべてみよう

その1ではまず、宇宙飛行士の募集要項に書かれていてる”応募条件”の

・大学(自然科学系※)卒業以上であること。

(※)理学部、工学部、医学部、歯学部、薬学部、農学部等 )

・自然科学系分野における研究、設計、開発、製造、運用等に3年以上の実務経験

について書いてみたいと思います。

まず、

”大学(自然科学系※)卒業以上であること”

ですが、宇宙飛行士の仕事として

実際に宇宙、宇宙ステーションでは

宇宙空間での実験や宇宙ステーションの操作や修理、

地上では

宇宙に飛び立つための様々な訓練、その他宇宙に行くための事前準備(資料作成

宇宙ステーションに積む実験装置などの事前確認、それとシンポジウムなどの講演、

などの主な仕事です。

 

その多くの仕事は機械の操作であったり、宇宙ステーションでの実験であったり、

”理系分野”にあたる内容なので、ある程度”理系のベースがないと

それを理解することから始めなくてはなりませんから

 

最低でも中学校で”英語”を3年学んだ人と全く英語を学んだことがない人では、

  いざ海外旅行、入国審査の時に”How long stay? ”と聞かれ

中学校で学んだその単語を何となくでも覚えているかと全く言葉の意味がわからないでは

違いが出てきますよね。

そんな感じです。

実際やる仕事の”ベース”を踏まえて”応募条件”に含まれているのですね。

ちなみに、宇宙チャンネルが働く会社もロケット以外にも宇宙ステーションに積む実験装置もつくっています。

なので、たまに宇宙飛行士の方が、事前確認にやってきます。

いきなり、宇宙でぶっつけ本番で使うのでなく、使い勝手や操作を実物で見ておくことは重要ですからね。”新車を買う場合に試乗するのと同じよう”にですね、

2つ目の

・自然科学系分野における研究、設計、開発、製造、運用等に3年以上の

実務経験実務経験

こちらも一つ目の”理系の言葉を理解するベース”があることとプラス働くことへの

協調性、適応性を養うということを踏まえてなのだと思います。

大学生と社会人は環境が大きく異なります。

社会人はいろんな年齢の人と接し、物事を進めていく。

新入社員なんかは自分の親よりも上の人と仕事をすることもあり、同世代ばかり

いた学生の時は違う言わば”異人種”の人たちと上手くやっていく協調性を養えます。

宇宙ステーションではアメリカ、ロシア、インドなど様々な国の人と共同で仕事、生活をしていくことになります。

ますます協調性が必要になるのです。

上の2つの応募条件は宇宙飛行士なるための”最低限の基礎(ベース)”があることを求められているのだと思います。

家も柱がないと建たないように、宇宙飛行士になる柱はあらかじめ立てていないといけませんね。

そして、小学生の頃から身近に起きることに”なぜ?”と思って、そのわけをしらべてみたり、いろんなことを

試してみたりすることは将来の”理系アタマ”をつくることにつながるのではと考えます。

 

その2 ひとの輪にはいって、みんなとうまくやっていくことは大切だよ。

 

 

その3 語学力は必ず必要です。

宇宙チャンネルもほどなく前回の”宇宙飛行士候補者試験”を受けたのですが、語学力不足で

落選しました(~_~;) 国際宇宙ステーションでの活動なので、英語が理解できることは必須ですね。

 

人工衛星の作り方

宇宙旅行をするには

この星(地球)の不思議なこと

うちゅうと理科・物理をつなげてみよう!

みなさんが学んでいる理科や物理、ただ公式や教科書の事例では

”頭に入ってこない”、”1つがわからないと全部がわからなくなってしまう”なんてことが

ありませんか。うちゅうの現象とひもづけると、意外と頭にすっと入ってくるかもしれません。

そんな、記事をかいていきたいと思います。

天体ニュース

1年を通して、星座や流れ星や惑星がよくみえる時期をおつたえすることで、

日々のひそがしさの中に”ふっと”空(星)を見上げて心を軽くした、無心になる時間、

子供たちに楽しみを提供するときをつくれればよいなぁ~と思っています。