宇宙ちゃんねる 公式サイト

現役ロケット開発者が宇宙開発や宇宙に関することを紹介していくサイトです。

鏡筒を乗せる架台の種類

鏡筒を支える架台は2つの直交する回転する軸を持っています。

経緯台

左右(方位方向)に水平に動かせる軸と高度方向に上下に動かせる軸をもっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見ようとする天体は、地球の自転によって時間がたつと望遠鏡の視野から外れてしまいます。

経緯台では左右(方位軸)と上下(高度軸)を使って天体を追いかけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

(出典:アストロランド)

赤道儀

経緯台の方位軸を天の北極方向に傾けたかっこうをしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤道儀の極軸を天の北極方向に正確にセットすることで、

地球と同じ動きになり、天体を追うときは地球が回転(自転)した分だけ

極軸方向を動かせば天体をおいかけることができるのが最大のメリットです。