宇宙ちゃんねる 公式サイト

現役ロケット開発者が宇宙開発や宇宙に関することを紹介していくサイトです。

月はなぜ赤く見える?3年ぶりの皆既月食はもうすぐ!(2018.1.31)

肉眼でも全然OK! 月が地球のかげにすっぽりかくれ、月が赤く(赤銅色)に見える皆既月食、ほぼ3年ぶりの天体イベントです。

みられるのは1/31(水) 21時51分~23時8分ごろの約1時間20分です。高さも見やすいので、夜は寒いですが

あったかい服装とあったかい飲み物をもって観測してみるのがよいかもしれません。月明かりが暗くなり、新月とは違った夜空の雰囲気を楽しむことができます。月は機材が不要でただ、眺めていればよいので、気軽に見れる点もよいところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆既月食ではなぜ月が赤く(銅が赤みがかった色(よくある銅板↓)に近いので赤銅色(しゃくどういろ)と呼ばれます)みえるのでしょうか。

皆既月食のとき、月は上の図のように地球の陰にすっぽり隠れてしまうわけですが、地球の大気をに当たった太陽の光のなかで波長の長い赤い光は大気で散乱されにくく、

大気を通過して月まで届くのです。