宇宙ちゃんねる 公式サイト

現役ロケット開発者が宇宙開発や宇宙に関することを紹介していくサイトです。

経緯台の種類

経緯台はさまざまなタイプがあります。経緯台は左右動かす方位軸(水平)、上下動かす

高度軸の2つの軸からなっています。軸を動かす時は、軸のクランプゆるめて回転させ

天体をとらえたらクランプを締めて固定します。

微動装置付き経緯台

経緯台はとらえた天体を縦横の2軸をゆっくり動かしながら、天体を追尾する必要があります。

なので、多くの経緯台は歯車やねじがついた微動装置を2軸に備えています。


 

 

 

 

 

 

 

フリーストップ式

この形式は2軸のクランプを締めすぎず、緩めすぎず、軸がスムーズに動くようにして

(ピタッと止めたところで動かないぐらい)、2軸を手で動かして天体でとらえるものです。

操作が簡単ですが、動いていく天体を手で調整して追っていく必要があります。

フリーストップ式でも微動装置がついているものもあります。


 

 

 

 

 

 

自動追尾と自動導入機能がある経緯台

コンピューターで2軸を自動制御して、望遠鏡をみたい天体にむけたり、自動で天体をおってくれる

機能がついた経緯台も最近は多くあります。手動で探したり、追尾するものより、価格的には割高に

なります。